事前に決めること

 

映像製作は映像の完成がゴールではありません。

映像が目的通りの働きをして、はじめてゴールといえます。

映像製作の費用対効果を最大限に高めるため、

製作前に教えていただきたいことがあります。

 

◎映像製作の目的

映像製作の目的

映像製作の目的は様々です。

「商品の特徴を伝え、販売サイトからの購入率をあげたい」

「商品のブランディングにより、店頭での購入率をあげたい」

「取扱説明書を映像化することにより、アフターサービスを向上させたい」

目的に応じて適した構成、ロケーション、撮影方法、編集方法があります。

最適な提案をさせていただくために

まず教えていただきたい事が最終的な目的です。

 

◎映像閲覧者のターゲット

映像閲覧者のターゲット

まったく同じ映像でも、閲覧される方の年齢や性別、

所属するコミュニティーや収入

などによって感じ方が異なります。

ターゲットを明確にし、それに応じた戦略を練ることが重要になります。

 

◎一番伝えたいこと

一番伝えたいこと

何を伝えたかったがわからない映像というのは、

焦点の合っていない写真と同じです。

限られた時間の中でこれだけは感じてほしい、

知ってほしいという内容を主軸として

映像を組み立てることにより芯の通った映像を作ることができます。

例えば個人プロモーションビデオであれば、

・その人の能力を伝えたい

・これまでの実績を伝えたい

・外見的な魅力や個性を伝えたい

いずれの内容も映像内で伝えるにしても、

主軸が明確になっていればぶれのない映像になります。